本文へスキップ

福島ハーメルン・プロジェクト ジョイントチームは一時保養・避難を支援します。

2018春休みワクワク淡路島発見キャンプ 3月29日(木)〜4月2日(月)

<参加者> 66人
□保養参加者 23人(うち初参加4人)
・福島、郡山、いわき→7家族14人(大人5人 子ども9人)
・淡路・西宮・仙台への移住家族→3家族9人(大人3人 子ども6人)
□ボランティア・ゲスト・見学 38人
□スタッフ 5人
 
第12回キャンプのテーマは「チェンジ!」です。キャンプがさらに自由で、
能動的で、子どもたちの成長を後押しするものになることを願って、
新しい試みを行いました。そのひとつが、神戸での集合時間と場所だけを決め、
往復ルートを自由にしたことです。そして、高校生になったらスタッフとして
戻ってくると宣言していた男子が4年の月日を経て、同い年の友人を誘って、
キャンプに参加してくれたことも、「チェンジ!」を支えてくれました。
さて、どんな旅とキャンプになったのでしょう?

□3月28日(水)
・福島―西宮―仙台と震災後に避難を重ねた参加家族3人が、
 仙台から関空を目指したものの、仙台空港濃霧のため欠航。
 やむなく新幹線に変更して、まずは東京へ。
 翌日、関西へ移動することになりました。波乱の幕開けです。
 
□3月29日(木)
・07:15 9人が福島空港に集合。8時5分 ANA1696便で出発!
・09:20 伊丹空港着。9人はそれぞれの目的地に向かい関西発見の旅を開始。
・10:27 初参加の家族2人が郡山駅を出発。新幹線で神戸に向かいました。
・17:00 三宮にあるミント神戸2階入り口に、関西を楽しんできた11人が集結。
 高速バスで淡路島へ。宿舎「ゲストハウス花野」(淡路市佐野)では経営者の
 けいすけさん・めぐみさんご夫妻と3人の子どもが元気に皆を待っていてくれました。
・18:40 仙台空港を1家族2人が出発。関空到着後、神戸へ移動して、
 この日は神戸市内泊。




□3月30日(金)
・キャンプ期間中の朝食は、花野で自然を大切した食事をいただきます。
 今回も隔日で、花野さんのお友達・海田舞さんの手作りパンの登場です。
・キャンプ最初のイベントは、淡路市内にある「ハーモニーファーム淡路」の
 全面協力による乗馬体験。挑戦するのは8人の子ども達。初の乗馬に、
 最初は緊張していましたが、スタッフの優しくかつ的確な指導を受けて、
 次第に笑顔に。神戸新聞の取材を受けました。
・今回のチェンジ第2弾は、東神戸診療所の検診がキャンプ2日目になったこと。
 乗馬体験を終えた一行は淡路から再び神戸に移動。前日に大阪、
 神戸に宿泊していた2家族と、この日に福島からやってきた初参加の保護者が
 合流して、東神戸診療所で、恒例の心電図・血液・甲状腺の検査と健康相談を
 受けました。郷地先生をはじめ東神戸診療所の皆さん、受診者が多いなか、
 全面的なご協力をいただき、ありがとうございました。
・夜のウエルカムパーティーでは、初参加や久々の参加者のために、
 自分の家族や友達を紹介する他己紹介で大盛り上がり。翌日、歌とギターを
 披露してくれるオニさんこと佐伯真有美さん一家も加わり、
 楽しいパーティーとなりました。ちなみに食事は、花野併設のレストラン
 「食のわ」のシェフ神瀬さんがボランティアで提供してくれました。おいしかった!




□3月31日(土)
・キャンプ3日目は、自分の責任で自由に遊ぶことをモットーにしている
 「プレイパーク冒険の森」で過ごしました。
・昼食は「森番」である小南先生ご夫妻が作ってくださった山菜の天ぷらと
 淡路名物玉ねぎをふんだんに使ったポトフと新鮮野菜サラダ。
 3升の米は薪で炊き上げました。天ぷらの食材はタラの芽、ハマダイコン、
 ツクシ、レンゲ、タンポポ、スギナ、カラスノエンドウ、クレソンなど。
 淡路の春のめぐみを堪能しました。
・恒例のキャンプの旗作りの指導は小南公子さん。二人の新高校生がアシストして、
 花びら満載の旗が完成しました。
・午後のイベント第1弾は北川憲一さん・幸子さんご夫妻による「人形うた遊び」
 「わらべうた」などで、大人も子どもも5歳の頃に戻って楽しみました。
・イベント第2弾はアーティスト・オニさんによるギター&歌。
 3児の母でもあるオニさんの、パワフルで愛に満ちた歌に、
 参加者たちも外に飛び出し一緒にエンディングを迎えました。




□4月1日(日)
・キャンプ4日目。午前中は県立淡路島公園へ。お兄ちゃん格の新高校生たちが、
 キャンプの期間を通して小さな子どもの面倒を見てくれました。
 その成長ぶりはたのもしい限りです。
・昼食をログでとった後は、ログ周辺散策。新高校生はテラスで勉強です。
・そしてフェアウエルパーティー。中学を卒業する2人と小学校を卒業する
 3人のための小さな「卒業式」を彩ったのは、ギタートリオ・ドルチェの皆さん。
 岐阜からかけつけてくれました。ミニコンサートの最後は「しあわせ運べるように」。
 淡路から福島への心からのメッセージです。




□4月2日(月)
・淡路島で春のキャンプを初めて6年、初めて桜が満開となったキャンプも最終日。
 初日の波乱?も杞憂に終わり、福島からの参加者17人が、
 一緒に津名港ターミナルからバスで三宮に向かいました。そして、
 飛行機の出発時間まで、思い思いに関西の春を楽しんで帰ったそうです。
・15:40 伊丹空港ANA3179便16:45 福島空港到着
・17:45 神戸空港SKY156便は18:55 仙台空港到着
・一人も怪我や病気をすることなく、たくさん遊んで、いろんな体験をして
 春のキャンプは終了しました。皆さん、また会いましょう!




□地元淡路での支援と、多くのボランティアの参加をいただきました。
 ありがとうございました。また、多くの食材もいただきました。
 ごちそうさまでした!

福島ハーメルン・プロジェクト 
ジョイントチーム

〒656-1724
兵庫県淡路市野島平林56
福島ハーメルン・プロジェクト 
ジョイントチーム本部
代表:木田 拓雄
TEL 090-1678-0609
e-mail:joint@hamelnjoint.com