本文へスキップ

福島ハーメルン・プロジェクト ジョイントチームは一時保養・避難を支援します。

活動報告report

2012年1月活動報告2012年2月活動報告2012年3月活動報告2012年4月活動報告2012年5月活動報告
2012年6月活動報告2012年7月活動報告2012年8月活動報告2012年9月活動報告2012年10月活動報告
2012年11月-2013年2月活動報告2013年3月-2013年7月活動報告2013年8月-2013年12月活動報告
2014年1月-2014年6月活動報告2014年7月-2015年4月活動報告2015年5月-2015年9月活動報告
2015年10月-2016年5月活動報告2016年6月-2017年5月活動報告2017年6月-2018年5月活動報告
2018年6月-2019年5月活動報告||2019年6月-2020年5月活動報告

 


6.2
5月23日から6月2日までに寄付をくださった方々です。
須佐美幸一さま(尼崎市)、所薫子さま(神戸市)、石川紀美子さま(西宮市)、だるま森+えりこさま(神戸市)。皆さまいつもありがとうございました。早く寄付先を決め
て、それぞれのところで役に立てていただきたいと思っています。

皆さまこんにちは、農業班のクマです。
テレビを見ても、新聞をめくっても、連日新型ロナウイルスの話題ばかりですが、皆さまはいかがお過ごしですか? 暦ははや6月。もう一年の半分が過ぎ去ったことに改めて愕然としています。
昨日、農業班の若手エースのタカちゃんが、奥さんと一緒に畑仕事に来てくれました。収穫予定のジャガイモは、クマっちが日々の農作業の合間に少しずつ取り入れていましたから、昨日はタマネギを一気に掘りあげ、今年の無農薬野菜を送る用意をしました。つやつや輝くタマネギ、よく生育したジャガイモ。考えてみれば、何もかも中止を余儀なくされた今春の私たちの活動の中で、この無農薬野菜を育て福島の希望者に送る活動だけは、目的を達したことになります。タマネギもジャガイモも淡路島の土の中で、コロナ禍の猛威に耐え、立派な成果を私たちに示そうと頑張ってくれていたのだと思います。そのように考えてみれば、無農薬の野菜たちは愛おしく、全身をフルに活かし、皆さんをきっと元気にしてくれると思います。コロナウイルスに負けないためにも、皆さまの今年のエネルギー源となるためにもどうぞ召し上がりください。間違いなくおいしいです。  (クマ)





福島ハーメルン・プロジェクト 
ジョイントチーム

〒656-1724
兵庫県淡路市野島平林56
福島ハーメルン・プロジェクト 
ジョイントチーム
代表:熊 和子
TEL 090-3280-7135
   090-1678-0609(木田拓雄)
e-mail:joint@hamelnjoint.com





福島ハーメルン・プロジェクト ジョイントチーム